背中にできたニキビを治してツルツルの綺麗な背中にする方法

この記事を書いた人

ペンネーム:笹団子
プロフィール:背中ニキビが酷く、サプリなど色々な商品を通販で試してきました。海やプールで裸になれずコンプレックを持っていたいたのですが、今では嘘みたいに背中が綺麗になりました。そして体を鍛えてマッチョになり、やたら脱ぎたがる系男子になれました。

背中の大人ニキビに悩まされている人はいませんか?

実は、わたし自身ずっと昔から、背中ニキビに悩まされてきたんです。

背中は大人になってからニキビができやすいと言われています。
それは何故か?

理由は、仰向けで寝ていると、背中は汗が溜まりやすく汚れやすいからだそうです。
また背中は手が届きにくく、綺麗に洗うのが困難な場所というのも理由です。

しかし、背中を綺麗にゴシゴシ洗ってもニキビは治りません。
わたしの場合、色々試したけれど、一向に良くならななかったんです。
そんな私が背中ニキビを克服した方法を皆さんに共有したいと思います。

しつこい背中ニキビをツルツルにした方法

私が背中の大人ニキビを克服した方法は、ボディブラシによる背中のマッサージ洗浄と、大人ニキビ専用の化粧水による保湿です。

以前はボディタオルで体を洗っていたんですが、ボディブラシの効果を知り、ブラシに変えました。

実はボディブラシで体を洗うと、色々なメリットがあるのです。
美容にいいという事で、タオルではなくブラシを使う人が今増えています。

そして化粧水による保湿も重要です。
化粧水と言っても、普通のドラッグストアで売っている大人ニキビに効くと書いてある、安い化粧水で大丈夫です。
高い5000円位する化粧水が売られていますが、高い物は必要ありません。

大人ニキビと思春期ニキビの違い

ニキビには思春期の時期に出来るニキビと、大人になってから出来るニキビがあります。

思春期ニキビは、成長期の13歳頃から成長ホルモンと、男性ホルモンの分泌が多くなります。
この男性ホルモンが皮脂腺を刺激して、沢山の皮脂が分泌されます。

これが原因で毛穴が詰まってニキビが出来ます。ニキビができる場所は顔です。
成長期が終わると、皮脂の分泌が正常になるので自然に出来なくなります。

大人ニキビは肌の新陳代謝の乱れで古い角質が毛穴に詰まりニキビができます。
ストレスや睡眠不足などが原因になる事が多いです。

ストレスや睡眠不足は、皮脂の分泌が増えるのです。
顔だけではなく、背中にもニキビができます。

何故ボディブラシがいいのか?

まず、ボディブラシは自分の手の届きにく所を綺麗に洗う事が出来ます。

普通のボディタオルでは洗えない場所に、ピンポイントでアプローチする事ができます。
それだけではありません。
ボディブラシには美容効果があるのです。

ボディブラシでブラッシングすると、リンパの流れが良くなると言われています。
体の表面の汚れだけはなく、体に溜まった老廃物も排出してくれます。

また、血流の改善にも効果があると言われていて、体の隅まで酸素や栄養が行き渡るので、お肌にもいいし、健康や疲労回復にも期待ができるのです。

何故ニキビに保湿が必要なのか?

ニキビって脂っぽいからできるんだと思って、ゴシゴシと洗っていたんですが、綺麗になったはずなのにニキビが治らないんです。

とても不思議だったんです。調べてみると人間の体は、乾燥すると肌を守る為に、逆に皮脂が多く分泌されるんですね。
綺麗に体を洗って、脂分が無くなったらその分皮脂が分泌されるんですね。

なので綺麗に洗った後は水分不足にならない様に、しっかりと保湿する必要があるという事です。
保湿をすれば、余計な皮脂が分泌されないという事でなんですね。

大人ニキビ専用化粧水と自分に合ったボディブラシ

化粧水は色々な商品が売られています。

高ければいいという事でもありません。
大人ニキビに有効な成分が入っていて、しっかり保湿が出来る物であれば、ドラッグストアで売っている安い物で十分です。

大人ニキビに有効な化粧水と書いてある物を買えばいいのですが、念のために有効な成分を書いておきます。

・グリチルリチン酸(ニキビの炎症を抑える効果)
・サリチル酸(アクネ菌を殺菌する効果)
・ビタミンC誘導体(皮脂を抑える効果)

これらの成分が入っている物を買う事をおすすめします。

また、ボディブラシは色んな種類が売られています。
馬の毛、豚の毛、猪の毛、それ以外にも沢山あります。
調べてみると、色々種類がある事に驚かれるかもしれません。

肌が弱い人は毛先が細くて、肌触りが優しい馬の毛がいいかもしれません。
逆に肌が丈夫な人は、コシのある猪の毛をおすすめします。
自分の肌に合ったボディブラシを探すのも楽しいです。

自分に合ったボディブラシで、肌をマッサージする様にキレに洗い、毛穴に詰まった汚れを落として、老廃物を体から出します。
ただ洗うだけではなく、マッサージしたら血行も良くなるので、丁寧に体を擦ります。

そして、綺麗になったらしっかりとタオルで拭いて、体に付着したお湯を拭き取ります。
綺麗に拭けたら化粧水をしっかり付けて保湿します。毎日こまめにこの作業を繰り返していと、あれだけ頑固だった背中のニキビが消えてしまいました。

まとめ

私は背中の大人ニキビをボディブラシによるマッサージをしながらの洗浄と、お風呂上がりの化粧水による保湿で改善できました。

化粧水は大人ニキビ用の化粧水を買う様にしましょう。
ボディブラシは美容効果もあるので、マッサージするという感覚で体を洗います。

そして、自分にあった硬さのブラシを買いましょう。
是非お試しください。

出典:お肌の黒ずみ対策研究所

大人ニキビとニキビ跡に悩んだ私が見つけた一番効果があった方法

この記事を書いた人

ペンネーム : myonnnn
プロフィール:まだ周りの子たちがニキビなんて無縁の小学校高学年からニキビに悩まされ、中学高校と思春期ニキビと過ごしました。
やっと思春期ニキビから解放されたと思ったらいつの間にか大人ニキビへと変わり一生ニキビと付き合っていくのだと確信し、ニキビやニキビ跡に効くと言われるものをできる限り片っ端から試してきました。
皮膚科へ行ってもなかなか悩みは解決されず、薬局の方からアドバイスをもらったり、ニキビに効くものを日々探しています。
今もニキビやニキビ跡と戦っている女子大生です。

はじめに

誰もが一度は悩んだことがあるのではないでしょうか。
それはニキビです!

私は小学校高学年くらいからニキビに悩まされてきました。
中学生や高校生の時におでこや頬、鼻…目立つし結構やっかいな思春期ニキビ。

親には青春の証よ、なんて言われていました。
思春期ニキビというし大人になれば自然とこの悩みは消えるものだと思っていました。

しかし、私が高校3年生くらいの頃からニキビのできる場所が変わってきたのです。
今までニキビなんてできたことのなかった唯一綺麗だったフェイスラインにできるようになりました。

そうです、大人ニキビです。
それ以来私は大人ニキビに悩まされています。

ホルモンバランスからくる大人ニキビは大人女性の重大な悩みですよね。

今回は私が大人ニキビ、そしてニキビ跡に悩まされ病院に行っても治らず市販のものを試してきた方法の中から一番効果を感じた方法を紹介します。

大人ニキビとは

10代に悩まされた思春期ニキビは、皮脂が過剰に出ることで毛穴に詰まりニキビになります。

余分な皮脂を抑えたり、肌を清潔に保つことで対策できます。
皮脂の多いTゾーンにできるのが特徴です。

それに対して大人ニキビは、ストレスやホルモンバランスが影響しニキビができます。
皮脂が多いことに限らず、乾燥肌でもできます。

顎回りやフェイスライン、いわゆるUゾーンと呼ばれるところにできるのが特徴です。
大人ニキビは同じところに繰り返しできる、なかなか治らないというのも大きな特徴です。

食生活を見直し便秘解消!汗をかいて老廃物を出す!

まずは定番ですね。
生活からできる限りのことをしてみましょう。

脂物は摂りすぎていませんか?野菜は食べていますか?
私も何を控えようが何を食べようができるもんはできる!!と思っていました。

しかし個人差はありますが、少しは変わったりするものです。
老廃物を溜め込むことは肌はもちろん体にも悪いですからね。
出すに越したことはないです。

便秘に悩まれている方は便秘解消をまず意識してみてはいかがでしょうか。
そして私は汗をかくことをおすすめします。
外での運動、家での筋トレなど何でも良いです。

汗をかくとデトックスされるためか肌が明るく肌質が滑らかになります。
運動して汗をかいた後、なんか肌の調子が良い!なんて経験ありませんか?
ぜひ試してみてください。

ニキビにはビタミンCだけではなくビタミンB2にB6!

ニキビというとビタミンCのサプリメントをまず選ぶ方が多いのではないでしょうか。

もちろん偏りなく栄養を摂ることが一番大事ですし、ビタミンCも重要です。
しかしニキビにダイレクトに効くのはビタミンB2ビタミンB6なのです!

ビタミンCはシミやニキビ跡などの原因となるメラニンを抑える働きがあります。
どちらかというと予防向きです。
それに対しビタミンB2はニキビの原因となる皮脂分泌をコントロールする力があります。
ビタミンB6には肌のターンオーバーを助ける力があります。
ビタミンB2が不足すると肌が不健康になり細菌と戦う力が低下しニキビができやすくなります。

ビタミンB6が不足すると肌のターンオーバーが正常に行われなくなり、ニキビやニキビ跡の治りが遅くなります。
ニキビを作らないための対策やニキビ跡に向いているのはビタミンC。

できてしまったニキビにはビタミンB2,B6が効果的です!
ニキビのためにサプリメントや薬を買うのであれば、ビタミンB2,B6が含まれているものを購入してみてはいかがでしょうか。

ビタミンというとビタミンCというイメージがありますがニキビのためにはその他のビタミンにも注目してみてください。

大人ニキビには大人ニキビ用化粧水

私はニキビに効くと有名なプチプラ化粧水を長いこと使っていました。

しかし大人ニキビにはそれなりのものを使わないといけないかな、プチプラ化粧水に限界を感じていました。
そこでオルビスの薬用ニキビクリアシリーズを使い始めましたプチプラ化粧水を使っていた私からするとだいぶランクアップしました。

それでもお安いほうだと思いますが、効果はわかりやすくありました。
まさに大人ニキビ用、以前に比べてニキビができにくくなりました。

洗顔はつっぱることもなくさっぱりとした使い心地です。
化粧水はしっとりタイプを使っていますが、ケチらずたっぷり使います。

私は乳液やオイルなど重いものをつけすぎるとベタベタになってしまいニキビができやすくなってしまうので、化粧水をつけて美容液を気になるところにつけて十分です。
そのくらいうるおいもばっちりです。化粧水はさっぱりタイプもあります。

自分の悩みを把握し、悩みにあったものを見つけるというのはとても大事ですね。
私が大人ニキビとうまく付き合っていけるようになったのは、このシリーズに出会ったことが大きいかもしれません。

ニキビ跡にはトラネキサム酸

最後にニキビにつきもののニキビ跡についてです。

せっかくニキビがおさまったと思ったらやってくるニキビ跡。
大人ニキビになると本当にニキビ跡がなかなか治らないのです。

いつのニキビだよ…というほどなかなか時間がたっても治らないニキビ跡。
私は赤く残ってしまうタイプのニキビ跡でした。

そんなニキビ跡に一番効果があったのが、トラネキサム酸です!
ニキビ跡にはビタミンCも良いですが、それ以上に効果がるのがトラネキサム酸です。

トラネキサム酸には炎症を抑える効果があり、色素沈着にも効果があります。
ニキビ跡の赤みを抑えてくれます。

トラネキサム酸、あまり馴染みのない言葉ですが、じわじわとドラックストアでも商品を見るようになってきました。
中でも私はパックがおすすめです。30枚ほど入っている大容量パックを毎日継続して使うと良いと思います。

ニキビ跡にはビタミンCではなく、トラネキサム酸の時代です!

まとめ

まずはできる限りデトックスや食生活、睡眠など生活から頑張ってみましょう。

そしてニキビ予防にはビタミンCを。ニキビができてしまったらビタミンB2、B6不足に注意しましょう。
ニキビ跡にはトラネキサム酸がおすすめです。

もちろん人それぞれ個人差があります。
自分の生活を見直したり、自分の肌状態を一度客観的に分析してみると自分のニキビの特徴が分かってくると思います。

そうすると一気にニキビ対策の道がひらけてきます!
この記事がニキビ人悩む方へ、少しでも参考になれば幸いです。

ダイエットが続かないと嘆く30代女性が楽に痩せる方法

この記事を書いた人

ペンネーム:あんこちゃん
プロフィール:以前、ダイエットを成功させたことがある30代主婦です。
面倒くさがりで食いしん坊の私でも痩せることができました。
ダイエットに成功したことで外見も変わり、モテモテになった経験もあります。
そんな自分の体験を生かして、ダイエットの知識を紹介していきたいと思います。

食事制限は逆効果!?

ダイエットは食事制限をしなくてはならないと考えている人がいるかもしれません。

しかし、過度な食事制限は逆効果になることをご存知でしょうか?
ダイエットを成功させるためには栄養をしっかりととらなくてはならないのです。

食事制限をするとどうしても栄養が足りなくなってしまいます。
体に必要な栄養が不足してしまうことで空腹を感じやすくなるのです。

また、お腹が空いているのにも関わらずダイエットのために食事をとらずにいると、ストレスも溜めやすくなります。そうなると余計に食欲を感じやすくなるのです。

さらに、空腹の状態で食べ物を胃に入れると脂肪に変わりやすくなります。
空腹は命の危機だと感じた脳が食べ物のエネルギーを体に溜め込んで守ろうとしているのです。

このように、食事制限はストレスをもたらすだけでなく、より太りやすい体になってしまいます。

ダイエット成功のポイント

では、ダイエットを成功させるにはどうすればよいのでしょうか?

痩せるためには当然摂取カロリーを抑える必要があります。
しかし、無理な食事制限ではなく、自然と食欲を抑えることが重要なポイントです。

ダイエットを成功させるためには食事制限をするのではなくバランスよく栄養をとるように心がけるのがポイントです。
必要な栄養を摂取することで、空腹を感じにくくなります。

それは、栄養で満たされた体が危機感を感じていないからです。
空腹を感じるのは、栄養が足りませんよ、という体からのSOSだったのです。

空腹のサインは無視してはいけません。食事制限をすれば一時的に体重は減るかもしれません。
しかし、栄養が足りなくなれば体の機能が衰えます。

リバウンドの原因にもなってしまいます。
さらに、健康を害する危険があるかもしれません。

体に栄養が行き渡らないので肌や髪がボロボロになり、決してきれいに痩せることはできないでしょう。

バランスのよい食事で食欲を抑える方法

食欲を抑えたいのなら、バランスのよい食事をすることを心がけましょう。

偏った食事は栄養不足に陥りますから空腹の原因になります。
一時期流行った、りんごダイエットなどのような食材を限定したダイエットはおすすめできません。

栄養のバランスがよい食事をしていると、食事後にすぐにお腹が空くことはありません。また、栄養が満たされることで満腹を感じるので、自然と食事量も減ります。

なんとかして痩せないとと思い、無理な食事制限を行う前に、まずはバランスのよい食事を行うことからはじめてみましょう。
そして、食事をする時にはいつもよりよく噛んでゆっくりと食べるようにしてください。そうすると満腹中枢が働き、空腹を感じにくくなります。

ウォーキングで食欲を抑える方法

自然に食欲を抑えたいのならウォーキングを行うのもおすすめです。

ウォーキングをすると食欲を強める「グレリン」というホルモンが減ります。
逆に、食欲を抑える「ペプチドYY」というホルモンが増えるのです。

ウォーキングをすることで自然と食欲が抑えられるというわけです。
ウォーキングは早足で20分以上行うのがおすすめです。

20分以上歩くことで体内の脂肪も燃えやすくなります。
つらい運動を行うのは挫折の原因になります。

その点、ウォーキングなら景色を楽しみながら行えるので長く続けられます。
また、ウォーキングなら特別な道具や場所は必要ありません。
通勤時間や休みの日を利用すれば誰でも簡単に実行できます。

まとめ

いかがでしょうか?

ダイエットにはつらい食事制限や運動をしなくてはならないと考えていると失敗の原因になります。

過度な食事制限や運動で体重を一時的に抑えることはできますが、長く続けるのは苦しみを伴います。
また、ストレスが溜まるので挫折率が高まります。

そればかりか、間違ったダイエット方法はリバウンドの原因になったり太りやすくなったりします。
ダイエットを成功させるためには、自然と食欲を抑えてストレスを溜めない方法がおすすめです。

すぐにダイエットの効果が出るわけではありませんが、健康的に美しく痩せることができます。
30代女性は20代と比べて代謝が落ちてくるので痩せにくくなります。

だからといって、焦って過度なダイエットを行ってはいけません。
すぐに体重を減らそうとするのではなく長期的にゆっくりと痩せていくのが成功のポイントです。

ぜひ、正しい知識で楽しくダイエットを行うようにしましょう。